永久脱毛と永久じゃない脱毛の違いはどこにあるの?

2017年3月26日

永久ではない脱毛とは?

脱毛をする上で永久などの言葉が気になる人は多いのではないでしょうか。永久とは永遠などの意味があり、脱毛における永遠はムダ毛が生えて来なくなる事を意味しています。人間の身体には体毛があり、ムダ毛が生えているわけですが、このムダ毛を生えなくする事が永久になるわけです。ムダ毛処理を行う人にとって永久と言う言葉は魅力ですよね。しかし、脱毛して永久的に毛が生えなくなる事が良い部分とそうではない部分があります。例えば、男性のヒゲはデザインする脱毛が流行りになっています。永久性を持つ脱毛を利用して髭の脱毛をした場合、形を変えたくても永久脱毛になっているので、他のデザインに作り変える事が出来なくなります。単にムダ毛をなくしたいと言った場合には永久脱毛は魅力的なものになりますが、後からデザインを変えたい場合には永久ではない脱毛を利用した方が良いのです。尚、永久ではない脱毛とは脱毛サロンなどで行われている光脱毛や脱毛エステなどで行われているワックス脱毛などになります。

永久性を持つ脱毛とは?

永久性を持つ脱毛は発毛組織を破壊する事が出来る脱毛です。例えば、医療レーザー脱毛や絶縁針脱毛が永久脱毛になるもので、発毛組織を破壊するパワーがある事からも、医療機関などで行われている医療脱毛が永久脱毛になるのです。医療レーザーの光は毛穴に集まった後、熱照射が行われて発毛組織を壊して行きます。発毛組織が壊されるとムダ毛が生える機能を失うので、ムダ毛が生えない肌になります。絶縁針脱毛の場合も、電流が熱エネルギーに変化して組織を破壊するので永久脱毛になる、そしてムダ毛がない肌になるのです。

医療脱毛を新宿でしたいときには、美容皮膚科や美容外科を受診することです。医療従事者による施術を受けられます。