簡単に脂肪がなくなる!?脂肪溶解注射のあれこれ

2017年4月27日

脂肪溶解注射とは何か

脂肪溶解注射とは、痩せたい部分に薬を注射することで脂肪を溶かす痩身技術です。溶かした脂肪は血液を巡って体外に排出されます。また、脂肪溶解注射を打ったあとは、新陳代謝がしばらく活発になります。そのため、軽い運動を行うことでさらに痩せやすくなるという効果も期待出来ます。従来の脂肪吸引は、カテーテルを刺して脂肪を吸引していました。そのため、脂肪が少ない部分はカテーテルを刺すことが出来ないため、施術が行えなかったのです。しかし、脂肪溶注射は注射の針を刺すだけなので、施術出来る部分の選範囲が広いです。カテーテルを刺して脂肪を吸引する施術は、痛みや腫れなどの症状が長期間続きます。また、入院もする必要があるのです。脂肪溶解注射は痛みや腫れなどの症状が出にくく、なおかつ入院の必要がありません。

脂肪溶解注射のメリットとデメリット

脂肪溶解注射のメリットは、手軽に利用出来ることです。痛みや腫れが出にくく入院の必要がないため、日常生活に支障をきたすことなく痩身が出来ます。また、従来の脂肪吸引では施術を行えなかった部分の痩身が可能な点もメリットといえるでしょう。デメリットは、一度の施術で脂肪を溶かせる量が少ないことです。全体的に痩せている人が、体にメリハリをつけるために脂肪を取り除くなら向いている施術です。しかし、全体的に脂肪が多くついている人がスリムな体型になるまで脂肪溶解注射を打とうとすると、時間やお金がたくさんかかってしまいます。したがって、大幅に痩せたいと考えている人には向いていないです。

脂肪溶解注射の施術の内容は、誰しも簡単に理解することができ、ダイエットの効果を期待するうえで、早期に契約先を決めることが良いでしょう。