インプラントってどんな治療?かかる費用はどのくらい?

2017年5月27日

インプラントは見た目が良い

インプラントは、簡単にいうと失ってしまった歯の代わりに人工の歯をつけるというものになります。インプラントと呼ばれるチタン製のネジのようなものを歯の代わりに入れ、その上に人工の歯をつけることにより、失ってしまった歯の代わりにするものです。保険が適用される治療にはブリッジや差し歯がありますが、これらの方法は健康な歯に負担をかけてしまったり、見た目が天然の歯とは大きく違うという点がデメリットとなっています。インプラントは健康な歯はそのままに、見た目も健康な歯と変わりがない状態にすることが可能ですので、人前に出ることが多い人などに向いている治療法となります。

インプラントは高い?

インプラントは健康保険を利用することができませんので、全額自費での治療を行わなければいけません。人工の歯の質や治療を受ける医療機関によって金額に差は出ますが、1本あたり25~50万円ほどかかってしまうといわれています。あまりにも高いと思うかもしれませんが、インプラントはメンテナスをきちんと行えば10年以上は使うことができますし、健康保険が利用できなくても医療費控除によって所得税の一部が返還されます。そう考えると、最初に多くのお金の支払いが必要にはなりますが、トータルで考えると実はインプラントはそう高額なものではないということもできます。また、治療を受ける医療機関によってはデンタルローンを取り扱っていることもありますので、毎月分割での支払いを行うことも可能となりますので、一度に多くの金額の支払いが必要になるという心配は不要になります。

三鷹のインプラントは、今までに1000本以上の実績があり、CTを利用して正確な診断と納得の説明をしてくれます。